長女が小学校に入学し、
保護者として小学校に出入りするようになってから
いつも自分の小学生時代にあった
ある苦い経験を思い出す。

それは今思うと、
全くたいした事ではないのだけど
当時小学生の私にとっては
本当にイヤで
今も鮮明に記憶に残っている。

・・・・

私は小学生の時にローマ字を学習し始めた時から

浅野温子系

昔から「デキる女」が好きだったのよ。90年代のドラマの浅野温子みたいなね!
(90年代ドラマ「世界で一番君が好き!」に超憧れていたわ!)

そんなわけで

英義ならいたい

母親にねだったところ、

近所の教会で英語のレッスンをしていることを
聞きつけた母が、私をそこに通わせてくれた。

その英語のレッスンは、

前半30分はネイティブスピーカーと英会話レッスン、
後半30分は聖書の朗読。

正直

つまらない

聖書の朗読がメチャメチャつまらなくって
苦痛で仕方なかった。

英語のレッスンは楽しかったけど、
聖書の朗読が苦痛なこと、
英語教室のアシストでいた
妙にハイテンションな日本人スタッフともイマイチなじめず

日本人スタッフさん

半年ぐらいでやめてしまった。

英語のレッスンは楽しかったけど、

ハイテンションな日本人スタッフの人とお別れできた事、
聖書の朗読をしなくて良くなった事で

心が軽くなったと思っていた矢先

それは12月初旬、
町がクリスマスめいた頃
事件は起きたわ。

ある日学校に登校してみると、何やら
校門あたりがざわざわしていた。

何かいるのか

見てみると・・・

ギョ

なんと教会の英語教室のスタッフと
パンダの着ぐるみが
教会のクリスマス会のチラシを配っていた!

あの人

まさに客寄せパンダ↑↑

そしてつかさず私を見つけ

サジ子ちゃーん

この時こそ、穴があったらボーナス一括払いで払うから
入らせて欲しいぐらい、恥ずかしさと焦りはなかったわ。

同じクラスの男子が笑いながら私を見る視線がイタイ。

逃げるように校内に入ろうとする
私の背中にむかって

アイツ知り合い

 

早速教室では、男子が私の席まで来て

まるで尋問

苦し紛れに呟いたわ・・・

知らない

もちろん、そんなウソは通用しなく、

パンダのクリスマス会行くのかよ

 

恰好のいじめネタとなり、
「パンダの知り合い」として
男子からつるし上げを受けることになったわ。

・・・・

子供って残酷なのよねー。
今じゃ笑っちゃう昔話だけど、

当時の私にとって「パンダの知り合い」は辛かったわ!
この時ほど大人を恨んだことはなかったわよ。

子供の前での振る舞いは気を付けようと教訓になった、
そんな思いで話でした。